経過観察

  • 2018.07.24 Tuesday

市民病院予約日

経過観察


執刀医からの要請で娘も、有給をとっての付き添い。

何かあるのかしらと心配したが、術後はじめての診察時に

経過報告もあるので、何かあった時のための付き添いらしい


栄養士さんとの面談では、毎日の献立を記録にしていたのを

みてもらって、お褒めの言葉をいただき




これからも頑張ろう!・・・と。


外科の診察でもかなり良好で、データ結果も問題なし。


良かった。


ほんとに早期発見早期治療だった。


明日棟梁は、主治医のドクター坪井の診察を受け、


また、しばらく二人で市島です。


やさしい食事

  • 2018.07.23 Monday

棟梁は胃が三分の一になった

術後の食事・・・頭を悩ます


アマゾンで”胃-腸を切った人のためのメニュー”本を2冊購入し、

ネットでも、検索して勉強している。


元気人の時は、食物繊維のものをたっぷり摂るように・・・だが、

胃が三分の一になったばかりの今は、ノー!である。


魚は白身、肉は鶏、野菜は茹でて、熱いものダメ、冷たいものダメ


なんでも細かく切って、少しづつ時間をかけて・・・


何食べたらいいねん!・・・・・って感じで、とにかく、奮闘している。


朝は、雑炊と、ヨーグルトと、フルーツ

雑炊の中身は、さけ、たら、かれい、鯛など交代で入れて

じゃこ、ほうれん草、そして卵でとじる。


昼はうどんが多い・・・そばはダメ!らしい。

そしてほうれん草と卵を入れる。

あげ、かまぼこなどはまだダメ!

茶碗蒸しや卵豆腐をつける。


夕食の何日か分を紹介



ほぐしさけ、ほうれん草、卵とじの雑炊

白菜、たら、とうふ、えび、ブロッコリーの中華風煮込み




かれい、ほうれん草の煮つけ

たまごどうふ、カリフラワー、うずら卵のおひたし

ふの味噌汁

やわらかごはん




ハンバーグ(鶏ミンチ、高野豆腐、玉ねぎ、とろろ)、

茹でブロッコリー、カリフラワー、人参

卵豆腐、ほうれん草の煮びたし

やわらかごはん




肉団子(鶏ミンチ、とろろ、高野豆腐、片栗粉)、ほうれん草、

えび、長いも入りの白湯スープ煮込み

高野豆腐の卵とじ

やわらかごはん


そして、間食を必ず・・・





レアチーズ、チーズケーキ、クリームチーズ、ヨーグルトを交代で

果物・・・今年はジュレ製品がヒットして、助かった。


食事療法は、最低三か月。


胃・腸の活動を正常に戻すためにも、がんばらなきゃ・・・



ちょっと市島に

  • 2018.07.15 Sunday

朝食を用意して



雑炊(たら、ほうれん草、卵、)、ヨーグルト、みかんジュレ


車中の間食を用意して




市島に行きました。

田んぼや畑の確認です。


術後の回復が順調なので、お米や、お芋の

育ち具合が急に気になり始めたようです。


お米はなんとか、育っているようです。


昼過ぎ神戸に戻りました。


応援食材

  • 2018.07.14 Saturday

手術後の今、魚は白身、肉は鶏、葉物野菜との指定

鶏料理は苦手の棟梁、鶏ミンチしか使えない


店頭にある白身魚は、数少ない・・・


そこで、博多の姉から送ってきた




干物づくしだが使える


有難い


メニューに入れよう・・・

経過検査

  • 2018.07.13 Friday

経過検査日です。



こうべ市民病院の患者さんの数は減ることはありません。

予約してても、待たされます。


予約の意味がない・・・


一日6食だから、間食を用意していく。




朝食のフレンチトーストの残り、桃のジュレ、マンゴジュレ、

ヨーグルト、バナナ、クッキーなど


三分の一になった胃と、十二指腸を直接つなぎました。


正常な活動を促すために、少しづつ胃に送ります。


30回かんで・・・


つらいと思います。

面倒くさいと思います。


早期発見でラッキーだったんです。


ファイト!です。


てをつなごうさくせん

ページトップへ戻る