石畳折りのかご

  • 2013.02.19 Tuesday



石畳折りという名前まではわかった。

作り方がわからない。

クラフトバンドでの作り方はたくさん本がでているが、
チラシでの作り方の詳細は見当たらない。

作ってくれた友達が、体調を悪くしたので、聞くこともできず
こまっている・・・

バリのウブドの山奥の子供たちにという、リクエストがあり、
なんとか、次回訪問までに作りたいと思っているのだが・・・


デコる

  • 2012.09.06 Thursday

変身洗濯バサミ





しっぽもついてる。

棟梁の娘の創作意欲は、何かのきっかけで、スイッチが入る。

そろそろ、冬眠(いや夏バテ)から復活・・・か。









デコ・カメ

  • 2011.12.20 Tuesday

デジカメを、デコってしまった。

棟梁の娘作である。



ストラップも手作り。

4歳児子供 のカメラである。

娘の払い下げとか・・・4歳児にと、思ったが
かなり興味があり、実によく撮れてしまう。

使ってないので、専用カメラにしたとか・・・

セサミが大好きなので・・・



いつもながら・・・よくやるよ・・・

ジム・トンプソン

  • 2011.11.07 Monday

ジム・トンプソンといえば、タイ・シルク。
タイ国内はもちろん、世界中で、有名である。

シャツ、ネクタイ、子供服、雑貨等々、たくさんの商品・・・

バンコクみやげで、そのジム・トンプソンの定番布地を、
ゲット。

例によって、”棟梁の娘”の出番。



カバンが出来た。

大人用女 3個、子供用子供 も3個。

すごい拍手

タイで、使わせてもらおう・・・っと。

有名ブランドの、布地販売は、かなりうれしい。

ほんとのオリジナルが持てるわけだから・・・

しかし、ほんとに、よく作るよね・・・



久々の洋裁

  • 2011.07.16 Saturday

棟梁が急遽出勤となったので、ちょっと服づくりを・・・

面白い生地があったので、棟梁の娘所有のロックミシンで、
布の始末をしてもらい、ブラウスを作る予定が・・・




”この柄は、スカートの方がいいよ”

”ええっ、もう印つけたよ”

”絶対スカートがいいって・・・30分で作ってあげる”

てなやりとりで、30分もかからず出来上がった。



涼しげの浴衣風に仕上がった。

裁縫用品

  • 2011.03.03 Thursday

寒の戻りがやってきた神戸。

そんな中、阪神電車の新在家(新在家)駅近くの
手芸屋まで、足をのばした。

わざわざ電車に乗って行かずとも、三宮には、
<ユザワヤ>なる、東京から進出してきた、
大型店があるのだが・・・高い

有料の会員カードを持ってしても、割引は一部だけである。
これには、えっと、思ってしまう。
それにレジは、いつも長蛇の列。

新在家の<ドリーム>は、無料カードのスタンプが
満杯になると、金券にかわり、商品も安く、
生地の相談にも乗ってくれる、
おばちゃん好みの店である。

ただ・・・前者は品揃えがよく・・・といっても
店内中を探しまわらなければいけないのだが・・・

後者は、ワンフロアーだけで、探す手間はほとんどない、
・・・がすぐ、品切れになるのが常である。

今日も結局、目指すものは注文ということに・・・。


また、袋づくりがはじまったのである・・・








完成!

  • 2011.02.02 Wednesday

施設訪問のプレゼントの袋が完成した。



160枚・・・

<IKEA>で買ったリネンひと巻きがおおいに役立った。

160枚、裁断し、棟梁の娘にロックミシンで、
端の始末をしてもらい、昼間、ちまちまと縫い、
3歳児の世話焼き娘に、キットカットを入れるのを、
手伝ってもらい、やっと完成した。

袋には、グループ名、「酔読連」と、
「クローバー」のスタンプを押した。



薬を入れたり、小物を入れてもらえればうれしい・・・
・・・喜んでくれるかな。

結構楽しんで作った。

袋制作

  • 2011.01.18 Tuesday

小さな小さな袋作ってます。

160枚・・・

はかどらん!

作っても作っても減らん汗



施設にもっていくお年玉袋・・・

ああ、もっと簡単なものにしたらよかった・・・

ロックミシン

  • 2011.01.11 Tuesday

かなり重宝してます。



また、袋作ってます。
160枚・・・施設に持って行きます。

普通ならいやになりますが、このミシンのおかげで、
なんか楽しく作ってます。

昔はジグザグや三つ折りで、端の始末をしていたものですが・・・

悲しいかな、操作は複雑で、棟梁の娘の出番になります。



高額でしたが、娘と折半で購入しました。

今の処、ナンバーワンの役立ち商品です。

さあ、棟梁の出張中に作りあげなければ・・・



続・70年前の帯

  • 2010.01.18 Monday

ほどくのに一時間、制作に30分。

アイデアをひねり出すのに2時間・・・

91歳のおばば様が、使いやすいように、色々
工夫したそうな・・・

写真の刺繍模様のところは、連絡帳や、めがねが入る。
表裏、両方に入れることができ、違う模様なので、
どちらも楽しめる。

中ぶくろは、ファスナーにせず、きんちゃく風に仕上げた。
替えの下着が、見えないように。

内ポケットも、ひそかに付いている。
小銭等を、入れたらいいかな・・・と。

なんとも行き届いたずだ袋。

三時間半で、仕上がった。

お菓子を入れて、
クロネコ便で、送った。

70年前の帯が・・・

  • 2010.01.17 Sunday

リハビリに通う時の袋が欲しい・・・
との依頼が棟梁の娘にきた・・・

母から・・・

体調も快復したようだ。

娘にとっては、おばあちゃんになるわけで・・・

70年前の帯をほどいて作る事にした。


もちろん母、いやおばあちゃんの、思いでの品の
一枚である。

棟梁の娘は、大学の卒業式に、おばあちゃんの
60年前の紋付き、留め袖を着、袴をはいて式に臨んだ

色鮮やかな、着物が居並ぶ中、男物の袴と、黒の紋付き姿、
かなり、いやいちばん目立って、なんかおごそかでありました。

そんなこんなで、出来上がった袋


刺繍模様を、上手に使ったので、あと二つぐらい
小物入れが出きるそうな・・・

ほどくのに、一時間かかって、
30分で、作り上げた。

まいどのことながら・・・すごい!

こども甚平

  • 2009.07.30 Thursday

棟梁の娘が、久しぶりに制作した。

甚平。一歳と、二歳用。



ファミリアチェックで創った。

かわいい。

かなり手こずったとか・・・。

大人用も子供用も手間は一緒である。
子供用品が高いのも、うなずける。

なんだかんだと、創ってしまうのは、
いつもながら、お見事拍手である。

みかねて

  • 2009.07.17 Friday

買い物袋(ずだ袋)の中が、ぐちゃぐちゃになっているのを、
みかねて、またまた、小物入れを、作ってくれた。
もちろん、棟梁の娘がである。

手芸店にいって、気に入った布地があれば、
少しずつ、買いそろえておくようにしている。

スヌーピーのデザインがなんともかわいかったので、
買っておいた。



まちが広く、物がいれやすい。
薬入れのポケットも側面についている。

ごちゃごちゃしたものを、全部ほうりこんだ。

・・・小物入れの中で、また、ごちゃちゃになった・・・




通帳入れ

  • 2009.07.16 Thursday

ネットバンキングを利用している。
ワンタイムパスワードの、トークンとか、
カードとかの保管に困っていた。

みかねて、棟梁の娘がまた、作ってくれた。


内側に、通帳、カード、トークンなどが、きちんと入り
印鑑入れもある。
かなり使い勝手がよさそうである。


表も、デニムの補強が入り、しっかりしている。

暑い中の、久々の作品である。
好きな和柄で、かなりうれしい。


続きの袋物

  • 2009.06.16 Tuesday

二日かけて、きんちゃく袋を作った。



朗読紙芝居の訪問をしている施設が、バザーをするのに、
商品が足りなくて、困っているという。

そこで、大昔、幼稚園のバザーの為に、袋を
たくさんたくさん作って、かなりの売上げになったことを、
はた拍手と思いだし、プロの棟梁の娘の手を借り、
つくりあげた。

24枚。

お世話になっている施設、少しでも役にたってくれたら
うれしい・・・



またまた、袋物

  • 2009.06.14 Sunday

棟梁の娘に、出張の多い棟梁のために、専用の下着袋を
つくってもらった。



最近のミシンは、すごい!
手書きの画を、忠実に刺繍してくれる。

保育園子供の、準備で袋をたくさん作っていたので
そのついでに棟梁の分もと、依頼したのだが・・・

楽しい袋ができあがってきた。

出張に楽しいもないだろうが、ちょっとなごんで
くれるかな・・・


夏用エプロン

  • 2009.04.24 Friday

豪傑姉に、冬に作った割烹着、暑いから
袖なしがほしい、との依頼で、割烹着の型
そのままで、夏用に袖なしを作ってみた。

今回も着物柄で、赤だけど、落ち着いた感じに
仕上がった。



喜んでくれるかな・・・。



焼酎袋

  • 2009.04.23 Thursday

また、袋です。
それも焼酎袋・・・どんだけ焼酎好きやねん汗
と、声が聞こえそうですが・・・

「伊佐美」が好きなのです。

外出時に、いつもペットボトルに入れて出かけます。
・・・アル中かい!・・・そうかも・・・汗

それを見かねて、又、棟梁の娘が作ってくれました。

棟梁の娘って、なにもんや・・・
・・・とこれも声が聞こえそうですが・・・

バックナンバーで「棟梁の娘」探してください。



1箸離撻奪肇椒肇詬僂任后
「伊佐美」の刺繍入りです。

ほっほ、うれしい袋です。

リメイクのおまけ

  • 2009.04.23 Thursday

先日リメイクしたシャツドレスの端切れで袋ができた。

じょきじょき、切ってしまった裾部分、
もったいない! と、棟梁の娘が作ってくれた。

図書館の通い袋。



生地がフ○ミ○アバッグに類似していたので、
マークもアイロンプリントしてくれた。
しっかりフ○ミちゃんバッグになった。

まちも、しっかりついており、文庫本はもちろん
単行本も、5冊は入る。

かわいい拍手

まさにリサイクルエコバッグである。

愛用しようっと女

リメイク

  • 2009.04.17 Friday

コートドレスを、長めのシャツドレスにリメイク。



くるぶし丈のロングのコートドレス。
今どき、はやらないし、似合わない女
そこで、ジョキジョキと、思い切りよく、切った。
ちょっとスリットなど入れて、先日の残りの
バイヤステープを、アクセントにつけてみた。



いい感じ拍手

直線裁ちワンピース

  • 2009.04.10 Friday

だんだんと、体型にあう服がなくなり・・・
ネットでふっくらサイズの型紙を入手し、棟梁の娘に
とりあえず、補正しながら仮縫いで、作ってもらった。



仮縫いで、体型に合うことを確認したうえで、本縫いとなり・・・

出来た・・・


バイヤステープもオリジナルで作った。



背中にも、オリジナルタグをつけてみた。
ほっ、ちょっと、かわいくなった・・・

・・・とりあえず、入る服ができた。
しばらくは、同じタイプで、大量生産しよっと。

リクエスト

  • 2009.03.12 Thursday



先日、朗読グループの為に作った七枚のずだ袋。
ちょっとこじゃれてて評判がよく、リクエストがきた。

二枚作った。

前回は久しぶりの針仕事で、棟梁の娘に叱咤激励?
されながらの作成であったが、今回・・・奮闘した。

コンピュターミシンも、少し慣れ、ルレットばさみとかも、
なんとか扱えるようになった。

新しいミシンや、道具類は、慣れるまで時間がかかるが、
慣れてしまうと、作品の完成時間が短縮される。

なんか楽しくなってきた・・・。






完成なのだ

  • 2009.02.24 Tuesday



完成です拍手
先日棟梁の娘が作った袋のあまりで、作ってみました。
娘に、おこられながら、悪戦苦闘でした。

一昔前は、子供服やら、レッスン袋やら、わっせわっせと、
かんた〜んに作ってたんですが、

今や・・・目もかすみ、酒量も落ち、体重は増え・・・
肝心のコンピュターミシンには、ついていけず・・・

7枚できました。
丁度、朗読グループメンバーの数です。

二つのグループに所属してます。
そのひとつの酔読連(すいとうれん)の、
シナリオと貴重品いれに重宝しそうです。

ほんとに大変でした女

袋づくり中

  • 2009.02.24 Tuesday

袋づくりしてます。
紐を縫ってます。
さて、どんな袋に仕上がるでしょう。

カバンできたどー

  • 2009.02.17 Tuesday

水掻き娘(棟梁の娘)のカバン
第二弾。

OLさん用です。もちろんお弁当袋付き。

もひとつおまけで、ダウニーのにおい袋もついている。

あい番の姪、いわゆる水掻き娘の
いとこのOL娘に嫁入り。

棟梁の娘

  • 2009.02.13 Friday

棟梁の「人がつくれるものは、自分でもつくれる」の持論を引き継いだ
娘がいる。

ずっと水泳をやってて、確か兵庫県下でも、五指に入ってるはずだ。
なんの種目かは、忘れたが・・・

その水掻きの手を持った娘が、今はまっているのが、デザイナー兼お針子である。布を見たら、さっとデザインしてさっさと切って、あらよっと
作ってしまう。 合間にパテシェにもなり、チーズケーキや、ティラミスも作ってしまう。これが又、市販のブランド商品と変わらない、いや、それ以上かもしれない。

少し前は、ビーズにかこまれていたが、いつの間にか資格を取って・・・
それも一番上までいってるので、すぐ講師として働ける。
そして合間に点字・・・これも完全に修得してしまった。

水掻きの手、”水掻き娘何する者ぞ”である。

他にもたくさん修得している資格がたくさんあるが、追々
でてくるであろう・・・

先日、出来上がった作品を、ちょこっと披露。
布は、柄が気に入ってあい番が入手。

豪快な柄なので、これは日体大出身の豪傑なあい番の姉のところに
嫁ぎました。

次回の作品にご期待ください。


着物リフォーム

  • 2009.01.22 Thursday

体型の変化で、着る服に困るようになった。
そこで、母の家から、着物を払い下げてもらい、リフォームして、着用しようと、かんた〜んに試みたのだが・・・まず、身幅をめいっぱい広げて、襟を一枚仕立てにして、そでを、つめてと・・・、以外に手間取っている。

水屋着である。

長男のところは、朝九時半無事女の子が誕生した。


てをつなごうさくせん

ページトップへ戻る