試し焼き

  • 2016.10.29 Saturday

新しい”焼き芋器”を入手した。



いちばん早く収穫した安納芋が三週間たったので、

試し焼きをした。



甘い!

日にちがたてばたつほど、熟成度が増す。


今年は、小ぶりが多かったが、焼き芋器には

ちょうど良い大きさ

寒くなってくると、焼き芋をほおばりながら

野良仕事。


今年は寒さが厳しいらしい・・・


シイタケできた!

  • 2016.10.25 Tuesday

二年前に息子、娘家族、総動員で、山から木をおろし

菌をうえつけたクヌギの木




二年経過してやっと、開いた




わ〜い! 大収穫!




大きいのは、焼いてポン酢で食べようっと・・・

アイディアマン

  • 2016.10.23 Sunday

棟梁はアイディアマン

手押し草刈り機を改造

というより、解体してしまった。




そして・・・



ユンボ2号に装着!




そう、急斜面の草刈りが、なんとか、容易に出来ないかとの

思いだけで・・・


川沿いの斜面




土手の斜面




途中でねじがゆるんだり、落ちたり・・・


改良の余地あり・・・


実用化はかなり遠いようだ・・・

犯人は・・・

  • 2016.10.21 Friday

たわわに実った柿




下の方がかじられている




棟梁が数日前に”うり坊”を、三頭見かけた。

イノシシは、賢くて、まず子供達、いわゆるうり坊を

先発隊にして、危険がなければ親イノシシがのっそり登場するらしい。


親イノシシに遭遇すれば、こちらが危険となる。


甘柿を植えて、やっと今年実った。


毎日、被害にあい網をかけた。




いたちごっこならぬイノシシごっこ

網をくぐって、食べている




棟梁は怒って、収穫してしまった。




まだ青く、色づくのを待ちたかったが、その頃は、

上からは、”カラス”が、下からは、”うり坊”が

食べつくしているだろう・・・


青い柿は、常温でおいておくと、熟成するらしい・・・


今年は、ご近所でも、イノシシ被害がいつになく多い。


おもちづくりに挑戦

  • 2016.10.20 Thursday

せっかくもち米ができたので、おもちを作ってみた。

きれいなまっ白なお米




ピー!となってパカっ!とふたが開いた




ゴトン、ゴトンと回り始めた




そういえば、大昔のもちつき機は、ごとんごとんと、機械ごと

動きまわって、わーわーと、追いかけていた。


最近の、とはいっても、20年前の”マイコン自動もちつき機”

音も静かだし、動かない。


なんだかんだと、出来上がり




大成功!


きなこをまぶして、アツアツをいただきました。

良く伸びました。

間引き菜

  • 2016.10.19 Wednesday

〇棟梁の草刈り

ご近所、豊子さんち、ふじ子ちゃんち、道のりさんち

みさ子さんち・・・

そして自分ち


なんかどんどん増えていく

草刈りは楽しいらしいけど・・・


そんな中

秋植え野菜の間引きも忘れてない




春菊、小松菜、チンゲン菜

薬を使用しないので、虫食いだらけ



これが安全野菜


今夜は鍋です。

続・芋ほりだ〜!

  • 2016.10.16 Sunday

芋ほり第二弾




やはり小さいサイズばかりです。

が、石ころが少ない畑だったので、芋らしい形です。




また、せっせと、つる採りもしました。




棟梁は、田んぼの草刈りも楽しんでます。




稲刈りが終わっても、草刈り、腐葉土を入れて、土づくり

休憩は冬場だけ・・・とは、農家のプロ、”まさきちゃん”の言葉


やっぱり農家は大変です。

話がしたい・・・

  • 2016.10.15 Saturday

”ご近所南さん”

話がしたい・・・

といきなりやってきた。


うちは金はないし、身の上相談も、解決できんぞ!


あり合わせで、あたふた

まず冷ややっこ




焼き三角揚げをしょうが醤油で




いかの天ぷらと玉ねぎのひたひた




ぶり刺身




ぶりとなすとしょうが煮




枝豆(ご近所耕作さんからの頂き物)




おにぎり




あさりの味噌汁




バタバタで作ったが

ただ、飲みたいだけだった・・・


そんなこったと思った


でも、ようお越しで・・・


数値が下がる

  • 2016.10.13 Thursday

13・14日は神戸滞在。

棟梁は定期検査病院

肝機能の数値が下がり平常になった。

やっとやっとです。


主治医の”ドクター坪井”から

ずっと、肉はダメ、プリン体はダメ、デザートはダメと

言われ続け、私も気をつけて調理するものの

野菜炒め、焼き飯、カレーなどなど

すべてにおいて、”肉が多い!”と、叱咤され、

いい加減、いやになってきていた矢先の平常値。


市島の採れたて野菜が功をなしたのか・・・

が・・・油断は大敵である


ドクター坪井に指摘されぬよう、気をくばらなければ・・・


安納芋のつる

  • 2016.10.10 Monday

安納芋のつる



太い茎だけ選択



この作業は二日がかりです。

手、特に指先は、密でべたべたの真っ黒

姉たちのリクエストで送ります。


炊きます。

かなりおいしいです。



酒のあてにも、ごはんにも合います。


でも、つる採り作業は・・・しんどい!

町の音楽祭

  • 2016.10.09 Sunday

♪丹波の森国際音楽祭
      シューベルティアーデたんば2016♪

メインコンサートは”お菓子の里丹波”9月11日
            
             ”丹波の森公苑ホール”11月13日


その一環の”街角コンサート”

今田・柏原・市島・春日・青垣・西紀・氷上

山南・丹南・篠山

10か所で、開催される。


それぞれの町で趣向を凝らしたコンサート。

市島町の音楽祭に行った。



椅子席のほかに、かぶりつきのマット席

・・・おもしろい


市島町は  ♪かものしょう音楽祭り・邦と洋♪

サクソフョン・ピアノ・尺八・箏の演奏

サクソフォンと尺八奏者は地元出身アーティスト




ダメ出しは、多々あったけれど久しぶりのライブ

それなりに棟梁と楽しませてもらった。


里芋

  • 2016.10.08 Saturday

木寺農園の木寺さんに、掘りたての

里芋をいただきました。

親芋です




子芋は、長いざるで洗います。

木寺さんが、せっせと洗ってくれました。




やわらかく、短時間で調理できました。



めちゃくちゃおいしかった〜。

芋ほりだ〜!

  • 2016.10.07 Friday

芋ほり第一弾。

今年は、500本植えました。

熟成期間があるので、日にちをずらして掘ります。




まず、つるから採っていきます。




そして、ユンボでそっと掘り起こします。




少しの量の時は、手掘りでやっていたのですが、

安納芋は、下にしたにできていくのと、

土が粘土質なので、とても、人力では追いつきません。




小ぶりです。

畑を変えたせいでしょうか・・・

いつもの大きさが異常だったのかもしれません。

焼き芋にするにはいい大きさです。




恒例の”とったど〜!”をしてみました。

いつもは、手伝いの娘がしてくれるのですが、

今年はパスされたので、おばばがやりましたが、

腕が上がりません!

より良品のお米に

  • 2016.10.05 Wednesday

丹精込めて作った、自然米のお米

”色彩選別機”にかけてもらうことにしました。



カメムシ被害にあったお米や、着色米、小さな籾などを

エアではじきとばしてくれます。

かなり高価な機械なのでJAや、プロの農家さんにしかありません。


戸平の”まさきちゃん”とこにお願いしました。


20数年の田舎暮らしからの人脈です。


まさきちゃんとこはプロの農家さん。



お父さんと二人で、田植えから稲刈り、精米まで

請け負っています。




重宝されている仕事です。


本日出来上がりました。


コシヒカリも、もち米も、一袋(30圈砲鼎帖△呂犬れました。


コシヒカリは、7袋、もち米は2袋の出来です。




初めての米づくり

良し!としましょう拍手

わら干し

  • 2016.10.04 Tuesday

わらを干しました。



もち米のわらです。

コシヒカリのわらより長く、しっかりしています。

いろいろな用途があります。

しめ縄、わらじ、わら細工・・・

我が家では、冬野菜の養生に使用します。


なんとなく、心穏やかになるようないい景色です。



朗読勉強会

  • 2016.10.03 Monday

神戸です。

午前中やっと、歯の治療終了。

毎週市島から神戸に戻っての治療。

治療代より、高速代の方が、高い。

かかりつけの病院は遠いぞ。


午後からは、朗読勉強会。

来月施設訪問。

出来上がった紙芝居を見ながらの、読み合わせ。


メンバーの倉さんが、癌治療に専念。

メンバーの有ちゃんが、お母さんの看病で大分へ・・・


恒例の打ち合わせ飲み会・・・














さびしいものとなったが、これからの事を、

ちゃんと、話し合っておかなくては・・・


早いお開きとなった。


てをつなごうさくせん

ページトップへ戻る