気がつけば春

  • 2016.03.31 Thursday

いつの間にか



さんしゅうの花が咲き






緋寒桜が咲き誇り




ふきのとうが、終わり




開花宣言をしたさくら


春は、いつも間にかきてました。


助っ人

  • 2016.03.26 Saturday

棟梁の幼なじみが、芦屋から、来てくれた。

まず、”安納芋”の焼き芋で歓待し




ペンキ塗りを、やってもらった。



金網300枚のさび止め塗りが、終了しなければ、

動物除けの柵が、張れない。




夕方までに、棟梁と二人で、22枚塗れたらしい・・・


有難いことです。



”そばんち”オーナーの、佐藤さんも、立ち寄ってくれました。




佐藤さんは、”チャリダー”です。


つい最近、ご家族に不幸があり、心配してましたが、

お元気そうで何よりでした。





息子さんの、形見の、Gジャンを着て、息子の分も、

がんばるんだ!と、強く語ってくれました。


4月からは、”FMたんば”の、DJも、なさるとか・・・


ファイト! ですよ。


寝てる間に・・・

  • 2016.03.25 Friday

ベッドで、咳と熱と戦ってる三日間

棟梁は、しっかり田植えや、春野菜の準備




電動草刈り機のお取り寄せタイヤを、交換




野菜の種植え




トラクターの、刃の交換




畑に肥料をまく




手動マルチ機械を、改造し、トラクターに取り付け

電動マルチ機械に・・・


(棟梁に写真をもらった)


なんやかやと、せっせと働き、合間に、買い物にいき、

お弁当やら、私の流動食(ぷりん、ゼリー、卵豆腐などなど)を、

買ってきて、忙しく、過ごしていたらしい・・・



私は、なんとか落ち着いたが、気になる棟梁の咳・・・

余分に出してもらった薬を飲んで、なんとか、

耐えてほしい・・・


寝てるあいだ、健康がいちばん・・・とつくづく思った・・・


とうとう病院です

  • 2016.03.23 Wednesday

19日夕方から23日の本日まで、冬眠・・・

いやずっと、寝込んでいた。

ひどい咳き込みと、時々の熱。


今朝、少〜し咳も熱も治まったので

福知山市民病院のERへ・・・。


血液検査、CT、レントゲン、心電図、エコー

一通り検査して、肺炎や、ウイルスの感染なし・・・


棟梁は、肺炎を心配していたので、ひとまず安心だが・・・


検査に半日かかった・・・


疲れた・・・


寝ていた四日間のあいだ、棟梁一人で、

畑をすき、畝を作り、田を起こし、マルチを張り

なんやかやと、お百姓していた。


かなり寒かったらしい・・・


棟梁も咳が出てきた・・・

再び市島

  • 2016.03.19 Saturday

昨夜、博多から、神戸に帰ってきて

早朝から市島に移動してきました。


一週間で、”風呂場栽培”は・・・



しっかり育ってました。


宅配で、タイヤが届きました。




電動草刈り機のタイヤを、交換するようです。




私が、見て確認したのは、ここまでです。


昨日から、体調悪く、今からベッドに入ります。

博多の涅槃仏

  • 2016.03.17 Thursday

母が入所していた、施設が、とんでもないところで、

安心安全な施設に移転した昨年9月から、定期的に、

見舞っています。




姉が二人いますが、二人とも、現役の働くおばさまたちです。


二番目の姉が、毎回、仕事の都合を、つけてくれています。

施設訪問の合間に、今回は、”南蔵院”にいきました。


日本一の涅槃仏がいらっしゃるところです。







不動明王もいます




七福神も、拝んできました









敷地内には、いろんな、お地蔵さんや、仏像が祭られています。

姉と、くまなくお参りし、母の回復と、家族の健康祈願をし、

お守りを、買って母の施設に行きました。


母は、2月で97歳になりました。


施設訪問打ち上げ

  • 2016.03.15 Tuesday

施設訪問後の打ち上げ、反省会

本日は、メンバー”やぶちゃん”ごひいきの

お店です。




尼崎駅前”Andante"・・・居酒屋です。





















コースで、予約しててくれたので、次々に出てきます。

創作料理ですが、どれも、美味しく、珍しい日本酒も、豊富に

あり、何杯も、注文してしまいました。










どれも、ステキな器に、盛られていました。

最後にデザート




その日の仕入れ食材で、毎日のメニューが、決定するそうで、

コースで、注文しても、同じものは、ほとんど

でてこないんだとか・・・

こだわりの居酒屋でした。


やぶちゃん、ありがとうございました。

みなさん、お疲れさまでした。


私は、明日から、博多です。

施設訪問

  • 2016.03.15 Tuesday

尼崎の”あまの里”にいきました。




この施設には、わが朗読グループ”酔読連”のメンバーの

ご母堂が、入所なさっています。

そのご縁で訪問させていただくことに・・・


本日が、100歳のお誕生日ということもあり、

紙芝居、レク、歌、のほかに、

祝い唄の民謡を、メンバーが披露しました。




大黒様に扮して、”打ち出の小づち”片手に、歌います。




やんやの喝采を浴び、終わった後に、独り一人に、握手を・・・と、

大賑わいでありました。


本日初公演の、”金色夜叉”も、芝居風に、仕上がっていたので、

こちらも、大うけで、何よりでした。


スタッフの方がた、全員から、こんなに、みんなが、笑って、

最後まで、参加していたのは、施設が始まって初めてでは・・・

との、うれしい、言葉を、頂きました。


うれしかったです。


達成感がありました。


5月に、もうひとつある、施設にも、訪問依頼決定しました。


ほんとによかったです。


夜は、打ち上げ、反省会です。


お風呂場栽培

  • 2016.03.14 Monday

発芽を、促せるのためお風呂場栽培




恒例です。

神戸のお風呂場で、発芽させます。

一週間で、どんだけ〜伸びるかな・・・

神戸です

  • 2016.03.13 Sunday

市島から、神戸に移動。

今週は、定期検査、施設訪問、博多行で、

忙しい一週間になります。


棟梁は、その間、電動草刈り機を、いかに、

コストダウンで輸入できるか、アメリカの業者と、

しっかり、話し合うことでしょう。

(いつの間にか、そこまで、話が進んでいた)


体力勝負です。

温室

  • 2016.03.12 Saturday

寒さで、種を植えても、育たないので

棟梁が温室を作りました。






春はまだまだ、遠いようです。



育ってくれると、うれしいですが・・・


いちごの株分け

  • 2016.03.11 Friday

植えたままになっていた、いちご




昨年、かなり実がなったのだが、ほとんど、鳥に

食べられてしまった。


なんとか復活できないかと、根をほぐして、

ポットに、植え替えた。







育ってほしいな




午後からは、”新鮮たまご”を、買いに

京丹波の、”みずほファーム”まで




すぐ横に、大きな大きな、養鶏場があり、こちらで

小売りしている。




黄身がもっこりで、かなりおいしいたまごである。




安心して、生で食べられる…

しあわせです・・・





寒いです

  • 2016.03.10 Thursday

市島は、寒いです

みぞれ交じりの雨が、降っています。

種まきは、やっぱりできません。


棟梁は、次から次に仕事を、みつけます。






周辺の農家さんも、春待ちです。

早く暖かくなってほしいです。


雨です

  • 2016.03.09 Wednesday

冷たい雨の一日です。

外気温も5℃

昨日の15℃は何だったんでしょう


棟梁の野菜の種植えは、中断です。


急きょ焼き芋を焼くことに・・・




私は、施設訪問のだしものづくり



模造紙に、見えやすいように、大きく書きます。


施設訪問は、来週です。


暖かくなってると、いいけどな・・・


再び市島です

  • 2016.03.08 Tuesday

暖かい、いや暑いぐらいの神戸から、

市島へ。

15℃ですから、かなり暖かいです。



土手に”ふきのとう”もちらほら


棟梁は春野菜の準備を始めました。




このまま、春の景色になっていくのかなと、思いきや

明日から、戻り寒波だとか・・・


春は遠い・・・

”四枚小説” 朗読発表会

  • 2016.03.06 Sunday

いよいよです。

”ハートンホテル北梅田”






三人、いや二人で読む作品もあります。




定員60席の会場がどんどん埋まっていきます




事前投票で選ばれた作品を一部、二部で、順に読んで披露し、

三部で ”大賞候補” となった四作品の中から

”大賞” が決定します。




四作品の朗読が終わり、

会場の観客全員に、ミルキーが配られ、

最も気に入った作品に、投票・・・という

公明正大な、”丘辺先生” の企画。




ご本人がミルキーを、数えていきます




そして、”大賞” 




書き手の方々からすると、ご自分の作品が

どう読まれるのか、心配だったと思います。


もちろん、私たち読み手も、作品をどう表現するのか、

行間を読み、解釈し、勉強会を重ねて、臨みました。


”読む”そして ”聞く”

うまく伝わったでしょうか・・・


”四枚小説”・・・一話完結超短編小説

素晴らしい作品を、読ませていただき

感謝!です。


いやあ、楽しい朗読会でした。

最後はやはり、こういうことに・・・




皆さまお疲れさまでした。


通しげいこ

  • 2016.03.04 Friday

咳はなんとか治まってきたが、声が

まだ、完全に戻らない・・・


本日最後の、”四枚小説ライブ”練習日

朝から、本番さながらの、猛練習。


三人の朗読者で、21作品を、読ませていただく。

時間をチェックし、間合いを、調整。


私は、二人の大先生を、独り占めして、

毎回教えられてるわけで・・・


冷静に考えると、

なんと、贅沢な勉強を、させていただいていることか・・・


尼崎、高砂で、それぞれ教室を持ち、今回の

”ライブ”も、多数のお弟子さんが、拝聴に

来られる由。


そういえば、昨年も、会場の前席を、お弟子さんたちが、

陣取っていたような・・・


お二人から、しっかり学ばせていただかなくては・・・


小説の面白さは、もちろんだが、最終的には、

朗読者の、”読み”で、入賞作品が、決定する。


小説を ”読む”そして ”聞く”


どう、心に響かせるのか・・・


責任は重大


泣いてもわめいても、あと、二日・・・


てをつなごうさくせん

ページトップへ戻る