手術日です。

  • 2018.07.02 Monday

昨日棟梁は、病院に戻りました。

”おかえりなさい”と、看護師さんたちに声かけられ、

夕方から、下剤を飲み、本日手術に入ります。


私は朝8時前に病室に入り、棟梁のおへそ消毒を見学して




8時半には、手術室に向かい”がんばってね!”と別れ

家族待合所へ・・・


市民病院は、19の手術室があり、すでに、10数組みの家族の方が、


待合所にお待ちで、窓際のパイプいすしか、空いてない状態。



手術が終了するたびに家族も順番に立ち去るのですが、

その都度、ソファー式のいすは、取り合い。


まるで椅子取りゲーム。


月曜日が手術日になっているのか、入れ替わり家族は減ることもなく


三時間後ぐらいに、やっと、パイプ椅子から、逃れた。


昨日、娘がiPadに、BSドラマが見れるようにセットしてくれて、

飲み物もたくさん用意していたので助かった。


14時過ぎに娘と、10歳児の孫がおにぎりと、

サンドイッチと一緒にきてくれた。


17時半過ぎに、やっと、手術終了の連絡。

実に8時間の待ち時間。


手術時間は6時間。


長かった・・・


執刀医から、切除した細胞を見ながら、小指の先ほどの、癌で、

三分の二の胃を切除しなくてはいけないことなどの説明を受けた。


ICU病棟に、麻酔が切れるころ、面会を許された。

声かけをして、麻酔が覚めたことを確認。


か細い声で応えてくれて、あとは、痛い、痛い、痛い・・・

すぐに、痛み止めを注入された。


明日また、来ます。




てをつなごうさくせん

ページトップへ戻る