やさしい食事

  • 2018.07.23 Monday

棟梁は胃が三分の一になった

術後の食事・・・頭を悩ます


アマゾンで”胃-腸を切った人のためのメニュー”本を2冊購入し、

ネットでも、検索して勉強している。


元気人の時は、食物繊維のものをたっぷり摂るように・・・だが、

胃が三分の一になったばかりの今は、ノー!である。


魚は白身、肉は鶏、野菜は茹でて、熱いものダメ、冷たいものダメ


なんでも細かく切って、少しづつ時間をかけて・・・


何食べたらいいねん!・・・・・って感じで、とにかく、奮闘している。


朝は、雑炊と、ヨーグルトと、フルーツ

雑炊の中身は、さけ、たら、かれい、鯛など交代で入れて

じゃこ、ほうれん草、そして卵でとじる。


昼はうどんが多い・・・そばはダメ!らしい。

そしてほうれん草と卵を入れる。

あげ、かまぼこなどはまだダメ!

茶碗蒸しや卵豆腐をつける。


夕食の何日か分を紹介



ほぐしさけ、ほうれん草、卵とじの雑炊

白菜、たら、とうふ、えび、ブロッコリーの中華風煮込み




かれい、ほうれん草の煮つけ

たまごどうふ、カリフラワー、うずら卵のおひたし

ふの味噌汁

やわらかごはん




ハンバーグ(鶏ミンチ、高野豆腐、玉ねぎ、とろろ)、

茹でブロッコリー、カリフラワー、人参

卵豆腐、ほうれん草の煮びたし

やわらかごはん




肉団子(鶏ミンチ、とろろ、高野豆腐、片栗粉)、ほうれん草、

えび、長いも入りの白湯スープ煮込み

高野豆腐の卵とじ

やわらかごはん


そして、間食を必ず・・・





レアチーズ、チーズケーキ、クリームチーズ、ヨーグルトを交代で

果物・・・今年はジュレ製品がヒットして、助かった。


食事療法は、最低三か月。


胃・腸の活動を正常に戻すためにも、がんばらなきゃ・・・



てをつなごうさくせん

ページトップへ戻る